FinalCutProストレージ確保対策/レンダリングファイル編

FCPX_ファイルサイズ巨大化対策_後編

iMacにFinal Cut ProをインストールしてYoutube用に何本か動画編集をしたころ、何気なくiMacのストレージをみたらびっくりするほど空き容量が減ってました。

原因を探っていくと犯人はFinal Cut Pro Xが生成したライブラリファイル。なんと120GBものサイズになっていました。

-2019-06-08-17.21.415

僕が編集した動画はYoutubeにアップする用の動画で、iPhoneで撮った長くても30分くらいの動画の不要部分をカットして、ところどころにテロップを配置するだけの動画。

元の素材となった動画ファイルもYoutubeアップ用に書き出しした成果物も1GBとか2GBとかそれくらいのものばかりなのになんで??

ってことで色々調べてみましたが、Final cut pro Xのユーザーは初心者からプロの人までかなり多くて、ネットで情報を探すと難しい内容が多い印象でした。

今回、自分なりにFinal Cut Pro Xでのファイルの扱い方を簡単にまとめて、自分なりのファイル管理方法を考えたので超初心者向けに共有したいと思います。

以下に当てはまる方向けです。

  • これからFinal Cut Pro Xを使おうとしている
  • Final Cut Pro X 使い始めてみたらMacのストレージがいっぱいになってしまった
  • ライブラリって?イベントって?プロジェクトって?な人
  • レンダリングファイルって何?な人

長くなってしまったので前後編の2回にわけています。

後編の今回はライブラリファイル肥大化の原因であるレンダリングファイルと、その扱い方について書いてみたいと思います。

前編:FinalCutProXストレージ確保対策/ライブラリ構造編

後編:FinalCutProXストレージ確保対策/レンダリングファイル編←今回

ライブラリファイルの巨大化の原因はレンダリングファイル

動画編集をするとFinal Cut Pro Xはバックグラウンドでレンダリングファイルを作ります。

例えば動画にテロップを載せたりした時に、動画と文字を合成した画像をレンダリングファイルとして生成することで、ユーザーがプレビューを見ながら円滑に作業できるようにしてくれるのです。

しかしこのレンダリングファイル、ものすごい勢いで増えていきます。

試しにタイムラインにテロップを置いて、そのテロップの位置や色や内容を変更する作業を動画に撮ってみました。

左上の赤枠で囲った丸いアイコンが回っている時がレンダリングファイルが生成されていて、右のファインダー上の青枠で囲った部分のライブラリのファイルサイズが増えていくのがわかるはずです。

たったこれだけの作業で、ライブラリのファイルサイズは1GBも増えてしまいました。

実際はFinal Cut Pro Xでは操作を完了してから5秒間はレンダリングファイルの生成をしないようなので、テキパキと作業すれば、テロップをちょっと編集するだけで1GBもレンダリングファイルを生成されてしまうことはないかもしれませんが、操作を覚えるまでは大量のレンダリングファイルを作ってしまうことになります。

レンダリングファイルを消去する

生成されたレンダリングファイルはFinal Cut Pro X上から簡単に消去することができます。

ライブラリを選択した状態で「ファイル」メニューを開き、「生成されたライブラリファイルを削除」をクリックすると現れるウィンドウに 「レンダリングファイルを削除」という項目があります。

-2019-06-30-14.56.218

_thumb3

「レンダリングファイルを削除」にチェックを入れると「不要ファイルのみ」か「全て」のどちらかにチェックが入れられるようになるので、チェックを入れて「OK」をクリックすればレンダリングファイルが削除され、Finderで確認するとライブラリファイルのファイルサイズがぎゅっと小さくなります。

まだプロジェクトを編集中なら「不要ファイルのみ」、もうプロジェクトの編集が終わったのなら「全て」をチェックすればいいと思います。

「全て」をチェックしてレンダリングファイルを消去しても、またプロジェクトを編集する時にFinal Cut Pro Xが勝手にレンダリングファイルを生成してくれます。
ちなみに全てのレンダリングファイルを消去すると、Final Cut Pro Xは今開いているプロジェクトのレンダリングファイルをすぐに生成し始めます。

もう編集が終わって、ファイルを閉じて保管しておくだけなら、すぐにレンダリングの生成を中止させましょう。

レンダリングの進行が表示される丸いアイコンをクリックしてレンダリングの項目の「×」マークをクリックすればレンダリング生成が中断されます。

-2019-06-30-15.07.50_thumb2

レンダリングファイルはTime Machineにはバックアップされない

このレンダリングファイルのことを知ってから、ライブラリファイルがどんな感じでTime Machineにバックアップされてるのか気になってしまいました。

レンダリングファイルを消去する前にバックアップされたら、Time MachineのHDDの容量があっという間にいっぱいになると思ったからです。

しかし、Time Machineでライブラリファイルを見てみるとレンダリングファイルの消去を覚える前のバックアップも、レンダリングファイルを全て消去した時と同じファイルサイズでバックアップが取られていました。

余計なものをバックアップしてHDDの容量を無駄に消費しないようにちゃんと考えられているんですね。

外付SSDを使ってみる

というわけでライブラリファイルが巨大化する原因がレンダリングファイルで、レンダリングファイルは編集が終われば消去できるということがわかりました。

とはいえ、それでもやはり元の素材や完成動画の書き出し、編集中のライブラリファイルなど、動画編集にはかなりストレージを使います。

最近はあまり気にしなくていいとは聞きますが、SSDはデータの書き込み量に上限があり、その容量を越えると寿命を迎えます。

交換できないiMacの内蔵SSDに大きなサイズのファイルを書き込んだり消去したりはあまり気分のいいものではないと思い、思い切ってThunderbolt3接続の外付SSDを買ってみました。

500GBで34,800円もしましたが、内蔵SSDと同じぐらいの転送速度があるので、ライブラリファイルを外付SSDに置いて編集しても内蔵SSDで作業してるのと変わらない快適さです。

iMacを買う時に内蔵SSDを500GBから1TBに変更すると44,000円かかるのを考えればなかなかいい選択肢じゃないでしょうか。

速度測定などのレビューを動画にしてみたのでよかったらチェックしてみてください。

まとめ

今回はFinal Cut Pro Xを使い始めて気になったファイルの扱い方と、ライブラリファイルの巨大化への対策を僕なりの方法はこんな感じです。

  • メディアファイルはライブラリにコピーして削除する
  • 編集が終わったらレンダリングファイルを全て消去する
  • 動画編集には外付SSDを使ってみる

今の時点ではこんな感じでやっていますが、動画編集のレベルが変わってくればまた違った方法があると思います。

きっと正解は一つではないため、皆さんも自分なりの方法を探ってみてみていい方法があればコメント欄で教えてください。

それでは長くなりましたが、今回はこの辺で。