iPad mini 5 のケースはこれで決まり!【レビュー】

2019年5月6日

iPadminiケースアイキャッチ

先日購入したiPad mini 5に付けるために買ったWonzir iPad mini 5 ケースのレビューをしたいと思います。
結論から言うとかなりオススメの一品です。私は予備でもう一つ注文しました。

 

今回私がiPad mini5のケースに求めたこと

全面カバー

なんと言ってもiPad miniの魅力はそのサイズ感です。メモ帳みたいに使えるApple pencil対応のiPad miniが欲しい!とずっと願っていた私の夢を叶えてくれたiPad mini 5。

当然、どこに行くにも持っていくつもりです。iPhoneもiPad proもケースは付けたことないんですけど、今回はガシガシ雑に扱えるようにケースに入れたいと思いました。

というわけで、ケースへの一番の要求は全面覆えること。

硬い物と一緒にバッグに入れたり、その辺にぽいっとおいても傷つかないようにしたいなと思いました。その上で取り回ししやすいようになるべく軽いこと。

全面を覆うiPadのケースということで自ずと形は決まってきますね。

ラバーっぽい本体カバーに風呂フタがセットになっているものです。他に画期的なケースもなさそうなのでそういうタイプの物から探すことにしました。

 

Apple Pencilの収納

次に重要なのはApple Pencilを収納できること。

私が使っているバッグでiPad pro 12.9インチが入るサイズのものには大抵内ポケットなどにペンホルダーが付いているのでApple Pencilはそこに刺して持っていけました。

バッグのペンホルダー

しかし、iPad miniはおよそバッグと呼べるものならどんなものにでも入るサイズです。

ペンホルダーが付いてないバッグを持ち出す時にもiPad miniを持って行きたいので、ペンの収納は重要です。

 

Wonzir iPad mini 5 ケースに決定

というわけで、欲しい要素がかなり明確だったためほとんど選ぶ余地がありませんでした(笑)
決めたのはAmazonで見つけた、Wonzir iPad mini 5 ケースというもの。色は3色ありましたがブルーという色にしました。

Amazonでの評価も高く自信を持ってポチっとしました。prime商品なので到着も翌日。
早速、使ってみた感想をレビューしたいと思います。

Wonzir iPad mini 5 ケースのレビュー

見た目

なんだかんだ言っても見た目は重要です(笑)

iPad miniケース正面

iPad miniケース裏面

今回ケースはケースを探してヨドバシやビックなんかでも実物を探したんですけど、いかにもフェイクレザーって感じのケースがすごく多くて。

本物の皮じゃないなら、皮っぽくない方が好みなんです。

このWonzirのケース、外側から見えるほとんどの部分の材質はPUレザーって書いてあって一応フェイクレザーに入るのかもしれないけど、ザ・偽物の皮って感じじゃなくてとてもいいです。

ゴムじゃないけど、ビニールみたいに安っぽくもなくて、肌触りも割と上質だと思います。これは個人の感じ方ですけど。


アップの写真でも作り物のシボ感がないのがわかると思います。

iPad miniケース アップ写真

マットでさらっとした触り心地。

色もブルーってなってますけど、紺に近い色で価格を考えると高級感を感じます。

iPad miniを直接ホールドする部分はグレーでプラスチックっぽい感じ。

iPad miniケース 本体外したところ

 

こちらは外からは見える面積は広くないけど、あまり高級感は感じられません。

開口部のエッジのところにバリがあったり、仕上げも綺麗とはいかないですね。とは言え、価格を考えると相応です。

 

iPad miniケース 細部のバリ

iPad miniの保護機能

iPadの保護に関しては申し分ないのではないでしょうか。がっしり全面カバーできます。液晶の縁の部分は周辺が少し被っているので風呂フタが開いてる時も液晶に直接ダメージが加わりにくいと言えます。周辺の被りはわずかなので、iPad miniの液晶に貼ったペーパーライクフィルムにも干渉していません。

iPad miniケース 4隅

ちなみにペーパーライクフィルムは以下のものを使用していますが、思ってた以上にザラザラしててあまり気に入ってません・・・。ペーパーライク特有の画面のギラつきも強いように感じます。


カメラやマイク、端子の穴も必要最小限で、位置がずれているということもなくちょうどいい設計です。
フタは磁石になっていますが磁力はちょっと弱く感じます。バッグの中などで風呂フタが開く向きに立てかけてあると開くことがあるかもしれません。

apple pencilの収納

iPad miniケース ApplePencilホルダー

こちらも問題ありません。apple pencil収納部の裏側面に指を入れて押し出すようになっているので取り出しにくいということはないです。

iPad miniケース ApplePencilホルダーの穴

iPad mini 5で使えるApple Pencilは第一世代なので、充電するときにキャップを外すことになりますが、キャップがなくならないように差し込む穴もあって便利です。

iPad miniケース ApplePencilキャップホルダー

キャップを刺した状態で風呂フタを閉じることはできません。

スタンド

スタンド機能はあまり期待してなかったですが、そこそこしっかりしています。2つのポジションでスタンドできますが、どちらのポジションもそこまで揺れないと思います。

iPad miniケース スタンド機能

スタンドの時の揺れ具合を動画にしてみましたのでチェックしたい方は是非ご覧ください。

オートスリープ

風呂フタを閉じるとスリープモードに入り、開けるとスリープ解除される機能ですが問題なく動作しています。フタを開けて表示されるロック画面をApple Pencilで2回つっつくとロック解除しなくてもメモ帳が起動して、すぐにメモを取ることができて便利です。

スイッチ類

スイッチ類は若干固め。押せなくはないし、押したつもりはないのに誤動作したりということは全くありませんが、頻繁に使いたいとは思えないです。

iPad miniケース スイッチ部

iPad miniを裸で使っている時の押し心地とは雲泥の差と考えた方がいいでしょう。

ボリューム調整は画面右上から下にスワイプすると出てくるコントロールセンターで操作することが多くなりました。直感的操作とは思えませんが、慣れるとこっちの方が楽ですね。

ControllCenter

 

カメラやスピーカーの穴

カメラやスピーカー、端子部の穴もiPad mini 5とぴったりで全く問題ありません。

iPad mini 4と若干位置が違うとのことなので、しっかりiPad mini 5用に設計されているようです。

iPad miniケース 開口部

 

Lightning端子は付属のLightningケーブルはもちろん、Apple Pencilを刺しても干渉しません。

ケースをつけたまま充電が可能です。

iPad miniケース ApplePencil充電中

 

3.5mmのステレオジャックは若干狭くも見えますが、手持ちのBose SoundSport in-ear headphonesは問題なく使用できました。

 

iPad miniケース ステレオミニプラグ挿入

あまりよくない点

この手のケースでは仕方ないことですが、やはり重さは気になります。

秤がないので何gって言えなくて申し訳ないですが、体感では裸の時と比べて倍まではいかないけど1.5倍よりはありそうだなって感じです。

私はこのタイプで、Apple Pencilも入ってることを考えると納得できる重さだと思います。

 

要望

Apple Pencilを収納して便利に持ち歩けるこのケース、非常に便利なんですけどもう一つ望むことがあります。

完全に私の不注意なんですけど、出先でフタを開けたらApple Pencilが入ってない!ってことが何度かありました・・・。

Pencil収納のあたりに小窓でも付いてて、ちゃんとApple Pencilが入ってるか外から確認しやすいと嬉しいなーなんて。メーカーさんどうでしょう?(笑)

 

まとめ

風呂フタ付きの全面カバーできるケースで、Apple Pencilも一緒に持ち歩くならおすすめです。

ボロボロになった時に売ってなかったらショックなのでもう一つ予備に購入しました(笑)

僕が買ったのはブルーという色で、色違いは黒とローズゴールドもあるようです。

 

ブルー

 

 

ローズゴールド


まだ選択肢が少ない中、ケース選びに迷っている人は是非チェックしてみてください。