AirDropで表示されるiPhoneの名前の変更方法と注意点

iPhoneNameChangeEyeCatch

みなさん、エアドロ使ってますか?

iPhone同士で写真や動画を送るのに便利なAirDrop。実は写真や動画以外のファイルやSafariで見ているWebページも共有できて、iPhone同士だけでなくiPadやMacなどのapple製品間でも使えるので僕もよく使っています。

そんな便利なAirDropですが、設定をちゃんとしないと関係ない人に本名がわかってしまうなど、プライバシー的に注意が必要です。

今日はAirDropする時に表示されるiPhoneの名前を変更する方法と注意点について記事を書いてみたいと思います。

iPhoneの「名前」を変更する

デフォルトの「◯◯のiPhone」のままでは危険

AirDropで写真を送ろうとすると、画像のように近くにいてAirDropを受け入れられる人のリストが出てきますね。ここに表示されるのがiPhoneの「名前」です。

AirDrop
iPhoneの名前はデフォルト設定のままだと、「◯◯のiPhone」となっています。この◯◯の部分はAppleIDに登録した名前が入るので、本名が入っていることがほとんどです。

ここに本名が入っていると、他人からも「◯◯のiPhone」が見えてしまってあなたの本名がバレてしまう可能性があります。

本名がバレてもどうってことないよって人もいるかもしれませんが、知られなくていい人に本名を知られていいことは一つもありません。世の中には悪い人もいるのです。

しかもAirDropを使って他人にワイセツ画像を送りつける痴漢も発生しているとのことなので、女性は特に注意してください。

iPhoneの名前の変更方法

それではiPhoneの名前の変更の仕方です。

設定アプリから、一般 → 情報とタップします。

一番上の項目、「名前」を変更します。

iPhone-name-setting
好きな名前に変更しましょう。特に「◯◯のiPhone」という形である必要もありません。

インターネット共有(テザリング)は再度パスワードの入力が必要

iPadやMacなど他の端末にテザリングする場合、一度テザリングした端末は通常パスワードを要求されませんが、iPhoneの名前を変更すると最初の一回だけパスワードを要求されます。

このパスワードはiPhoneの設定アプリを開いて、インターネット共有をタップ、「”Wi-Fi”のパスワード」のところで設定しているパスワードです。

internet-share-setting

Bluetooth機器の再ペアリングは必要なし

僕が試した限りではiPhoneの名前変更後のBluetoothの再ペアリングは必要ありませんでした。
試したのはBluetoothイヤホンのBose/SoundSport Free wireless headphonesとPioneerのカーナビ、楽ナビです。

SoundSport Freeは電源がONになってしばらくすると「◯◯接続しました」とアナウンスが流れてiPhoneとの接続が完了したことを知らせてくれるのですが、アナウンスの時の名前も自動的に変わりました。

楽ナビも車のエンジンをかけてカーナビが起動したら普通に接続されました。ただし「◯◯との接続に成功しました」と古い名前が画面に表示されます。
楽ナビはエンジンがかかるとiPhoneからのインターネット共有(テザリング)も自動的にONになるのですが、そちらもパスワード要求もなく接続されました。

iPhoneの名前を変えることで旧iPhoneとAirDropできるようになる

iPhoneを新しく買い換えるときにiTunesのバックアップから復元で古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに写すと、同じ名前のiPhoneが二つ存在することになります。

その場合、古いiPhoneと新しいiPhoneの間でAirDropができません。

しかし、片方のiPhoneの名前を変更すると二つのiPhoneの間でAirDropが可能になります。

iPhoneの「名前」は他人から見える

AirDropの受信相手は「連絡先のみ」にしよう

混んでいる電車の中などで適当な写真から共有アイコンを押してAirDropできる人がどれくらいいるか見てみましょう。
※間違って知らない人に写真を送りつけないように注意してくださいね。

知らない人のiPhoneがずらりと並んでいるはずです。その中には「◯◯のiPhone」になっている人もいますね。

この人たちはあなたの近くにいて、AirDropの受信相手を「すべての人」に設定していて、さらにiPhoneの画面をONにしている人たちです。

逆に言えば、あなたもAirDropの受信相手を「すべての人」に設定していると、iPhoneの画面をつけているだけで、知らない人から見たAirDropの送信先にリストアップされてしまうというわけです。

僕の家でもiPhoneからMacに写真を送ろうとしてAirDropを開くといつも「知らない人のiPhone」が見えます。ご近所さんの誰かなんでしょうけど、「私の家はここですよ」と触れ回っているようなものですね。ま、表札だと思えばいいのかも知れませんが。

これを防ぐにはAirDropの受信相手の設定を「連絡先のみ」にしましょう。

「連絡先のみ」に設定すると連絡先アプリにあなたの連絡先がない人のAirDropの送信先からあなたのiPhoneが見えなくなります。

LINEでしか連絡先を知らない友達から写真を送ってもらったりする時に設定変更しなければなりませんが、ほんの少しの手間ですのでプライバシーの保護と天秤にかけて検討してみてください。
AirDropの受信相手の設定方法は下記のふた通りあります。

AirDropの受信相手の設定方法その1

一つ目はiPhoneの設定アプリから設定する方法です。

設定アプリを開いて、一般 → AirDropの順にタップします。

AirDrop受信設定

AirDropの受信相手の設定方法その2

コントロールセンターから設定する方法です。

画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

通信関係のアイコンがまとまっているブロックを強く押します(3D Touch非対応機種は長押し)。

ControllCenter
AirDropのアイコンをタップします。

network-icon

AirDropの受信設定が開きます。

AirDrop-setting

iPhoneの「名前」が他人から見えるのはAirDropだけじゃない

実はiPhoneの「名前」を他人から見えなくするためにはAirDropの設定だけでは不十分です。

テザリング(インターネット共有)やBluetooth機器のペアリングをする際にも他人から見える状態になってしまいます。

ですのでよほどの理由がない限り、iPhoneの名前はデフォルトから別の名前に設定しておくことをおすすめします。

まとめ

  • AirDropで表示されるiPhoneの名前の設定は設定アプリ→一般を開いて「名前」で変更できる。
  • iPhoneの名前がデフォルトだと危険。
  • AirDropの受信設定もできれば「連絡先のみ」にしておこう。

iPhone

Posted by さば。